更年期障害を改善|ストレスなく生活を送る!

治療を受ける

看護師

病院で検査を受けて、医師から悪性リンパ腫と診断された方は治療を受けましょう。治療を受けていれば、リンパ節や他の体内に転移することはありません。悪性リンパ腫は、リンパ球がガンになってしまう病気で、血液のがんと呼ばれています。リンパ球は外部から侵入した菌や感染症から体内を守ってくれる働きがあります。しかし、なにかしらの問題で血液がガンになってしまい、悪性リンパ腫を発症してしまいます。リンパ節は体内のいたる箇所にあるため、悪性リンパ腫を引き起こすと体全体に広がってしまい転移する可能性が高くなります。この病気を発症した際は、人によって進行の速さや治療方法が異なるため、早めに病院で調べてもらう必要があるのです。首や脇の下にあるリンパを触って腫れていたり、しこりがあったりする際は、悪性リンパ腫を引き起こしていることがあります。専門の病院で診てもらい治療を受けましょう。

悪性リンパ腫は日本国内だけでなく、海外でも増加しています。日本では年間に約二万人以上の方が発症してしまいます。この病気を発症してしまうことで、死亡する方も多くなっています。手遅れにならないためにも早めに治療をした方が良いといえます。悪性リンパ腫を改善するためには、化学療法とされている抗がん剤を受ける必要があります。ですが、中には抗がん剤治療だけでは改善されない方もいます。その際には医師としっかり改善方法を相談し、悪性リンパ腫が治るように治療を受け続けましょう。