更年期障害を改善|ストレスなく生活を送る!

病気を知る

案内

病気は体内の至る所に発生し、悪影響を与えます。症状や進行状態などは病気によって異なるため、治療方法が違います。その病気の一つとして、脳動静脈奇形があります。この病気は、日本人を始めとするアジア人の方が発症しやすいといわれています。また、脳動静脈奇形を発症する年齡としても5歳から40歳前後の方と幅広いといえます。脳動静脈奇形を発症する原因としては未だに原因は不明だとされています。初期の症状がほとんどないため、検査を受けて初めて脳動静脈奇形の病気を引き起こしていると分かる方が多いといえます。この病気が進行すると、脳の血管が閉塞などを引き起こしてしまい、脳の虚血になります。また、脳動静脈奇形を発症すると脳梗塞になりやすくなってしまいます。手足にしびれ、脱力、頭痛などの症状になります。病気にかかっているということが分からない状態で過ごしていると、進行してしまい病気が悪化します。また、治療をせずに放置していると、言語障害、意識障害を引き起こし、最悪の場合死に至る病気です。脳に違和感がある、頭痛が続くという方は、専門医で検査を受けてみましょう。

脳動静脈奇形を根本的な治療方法がまだ見つかっていません。病院に行って治療を受けても病気の進行や症状を抑えられないということはありません。早めに治療を受けていれば、進行を抑えることができます。また、症状も悪化することはないので病院で治療を受けた方が良いといえます。普段から定期的に検査を受けて脳動静脈奇形などの病気から身体を守りましょう。